とある映画

2016.10.14 Friday 13:54
0

    映画「ソング・オブ・ラホール」

    パキスタンの都市ラホール

    イスラム原理主義の影響で豊かだった伝統音楽が衰退

    危機感をつのらせた音楽家たちが再起をかけてJazzに挑戦し

    やがて世界中を魅惑するまでの

    紆余曲折を描いたドキュメンタリー

     

    映画の途中メンバー始めてのTake Fiveのセッションを聴いたとき

    ふわふわ漂うようなアジアンテイストに

    思わずクスッと笑ってしまいました

    が・・・いざ本番

    シタールのイントロからバーンスリー(横笛)のソロ

    タブラ(太鼓)の超絶技巧と息もつかせぬ素晴らしい音楽

    聴いても見ても圧巻のセッションでした♪

    サッチャル・ジャズ・アンサンブル

    そしてJazzのすばらしさ面白さをあらためて発見しました

     

    「パキスタン人=テロリストではない」

    「音楽に神を見出す」

    伝統に誇りと自信を持った生き生きとした気負いの無い

    おじさんたちの演奏でした

     

     

     

     

     


     



     

    category:つれづれ | by:U-Robincomments(0) | - | -

    スポンサーサイト

    2019.03.13 Wednesday 13:54
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
      Comment